前へ
次へ

妊娠中に止められたけどお通夜に行った

妊娠8ヶ月の時に、知人の旦那さんが亡くなりました。
旦那さんのことを直接知っていたわけではありませんが、その知人には非常に良くしてもらった恩があったため、お通夜に参列させてもらいたいと思いました。
知人と旦那さんがとても仲良しで信頼しあっていたことを知っていたので、突然の訃報で知人がとても落ち込んでいるのではないかと気になったこともあります。
ですが、妊娠中はお通夜や葬式に参列しない方が良いという迷信があるため、家族や周囲の人には参列しない方がよいと止められました。
生まれてくる子どもにあざができるかもしれないと言われ、少し不安があったのは事実ですが、結果としては参列してきました。
ただ、迷信に従ってお腹に鏡を入れていきました。
そうすることで、あざができるという迷信から子供を守れると聞いたからです。
また、マタニティ用の喪服を持っていなかったので、少し無理をして普通の喪服を着たのも大変でした。
無理矢理ワンピースのチャックを閉めたので、前の丈が上がりすぎて、コートで前を隠しながら参列しました。
結果としては、子供には特に痣などなく無事に出産できました。
実際は、長時間の立ちっぱなしや線香の臭いで具合が悪くならないようにという妊婦への配慮が迷信の始まりであると思います。

インストラクターがしっかりとサポート致します
安心してダイビングをご利用いただけます

大阪一の格安不用品処分はこちらから

1台1台丁寧に仕上げます
たくさんのお客様から喜びの声を頂いています

寺院や役所手続きの手続き全て代行するJA葬祭

慰謝料増額実績多数!大阪で人気の弁護士
慰謝料は交渉次第で大きな差が!弁護士に依頼してみませんか?

Page Top